アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

山梨中央銀行東京支店 ( 旧第十銀行東京支店 )

神田の散策も、既に10回を超えています。
今までは神田に残る古い木造の建物を中心に、RC造でも比較的規模の小さな建物ばかりを紹介してきましたが、
今日は神田駅の直ぐそばで、中央通り沿いの鍛冶町1丁目-16に建つ銀行を紹介しましょう。

山梨中央銀行東京支店①
山梨中央銀行東京支店は、1931年に徳永庸の設計により、第十銀行東京支店として建てられました。
規模はさほど大きくはありませんが、昭和初期に良く見られた銀行建築の一例と言えるでしょう。

山梨中央銀行東京支店②
( 撮影 / 2009・4・26 )
1階は粗い仕上げの石積で、2・3階には第一生命館のような、矩形でオーダーが簡略化された列柱が見られます。
シンプルで落ち着きのある建物です。

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/19(土) 08:56:31|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/856-eaccfb7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad