アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

日本橋

御存知の通り、日本橋東海道の出発地点であり、日本の道路元標です。
江戸時代の日本橋は、広重の浮世絵で広く知られていますが、今から約50年前の1963年、東京オリンピックの直前に、首都高速を日本橋の上に架けると言う、考えられないような蛮行がなされました。

日本橋①

日本橋②
間違いなく首都東京の顔の一つである日本橋がこんなに惨めな姿になっていようとは、当時の日本には、文化財や歴史的景観の保護と言った視点はなかったと思われます。
首都高速の影となり、すっかり存在感をなくした現在の日本橋は、無論、江戸時代に広重が描いた木造の太鼓橋ではなく、1911年に妻木頼黄米元普一の設計により、花崗岩で造られた堂々たるルネッサンス様式二連のアーチ橋です。

日本橋③ 日本橋④
橋の両端には獅子が
 
日本橋⑤ 日本橋⑥
中央には麒麟の像が橋の安全を守るように、設置されています。

日本橋⑦
橋の脇にあるこの小さな広場のような場所は、いったい何でしょう・・・?
船着場 ?  荷揚げ場 ?

小泉総理大臣のとき、「日本橋を元の姿に戻そう」と言う計画がありましたが、その後如何なってしまったのか?
バブル時代のお金が有り余っていた時に、そう言う計画は実行しておくべきでした。
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/06/30(水) 13:58:18|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/863-ccf62457
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad