アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

銀座2丁目 竹田ビル

日本橋を離れ、昭和通りの銀座2丁目辺りを歩いて行くと、1階にルノアールの入った昭和レトロを感じさせてくれる建物を見付けました。

武田ビル①
1階の外壁は300角程度の小ぶりな石張り
渦巻きの文様が施されているのが分かりますが、残念ながらルノアールの看板で、大部分が隠れてしまっています。

武田ビル②
2階の窓にだけ、最上階の軒飾り様なデザインの出の少ない庇が付いています。

    武田ビル⑥
2階~5階はスクラッチタイル張り。
増築されたように見える6階には、和瓦が載っています。
増築だとしたら、いつの時代に行われたのか気になるところです。
3階より上部の壁面に、全く装飾が見られないことも、この建物の特徴かもしれません。

インターネットで検索すると、この建物は1932年に、当初は5階建てで建てられたものだと分かりましたが、設計者と増築の時期が載っているサイトは、見付けられませんでした。
以前は「ホテルだった」との記述のあるサイトもありましたが、詳細は不明です。

ちょっと失礼して、エントランスホールも覘いてみました。
武田ビル③
床を飾るモザイクタイルや、ギリシャ神殿の柱のような階段手摺の親柱も見事です。

    武田ビル④

武田ビル⑤
( 撮影 / 2010・5・7 )
腰壁に張られたこのタイルも、なんとも言えない味わいがあります。


スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/02(金) 21:53:17|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/865-a11444af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad