アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

奥野ビル ( 旧銀座アパートメント )

当然のことかも知れませんが、銀座には歌舞伎座和光だけではなく、大正ロマン昭和レトロを感じさせてくれる建物が沢山残っています。
昨日紹介した竹田ビルは比較的建物の状態は良く見えましたが、中には直ぐにでも取り壊されてしまうのではないかと、心配になる建物もあります。

奥野ビル③
銀座1丁目の中央通りと昭和通りの中間地点にある奥野ビルは1932年(昭和7年)に、川元設計事務所の設計で建てられました。
建設時は銀座アパートメントと言う名の高級集合住宅だったそうです。
最上階は増築なので、建設当時は地下1階地上6階建ての鉄筋コンクリート造の建物です。
増築の最上階と、最近リフォームしたらしい1階部分以外の外壁は、お馴染みのスクラッチタイル張りです。

    奥野ビル①
  隣の建物が建て替え中だったので、建物の側面部も見ることが出来ました。

奥野ビル②
おそらく窓と思われる、円形の開口部が目を引きます。

エントランスホールにもお邪魔してしまいました
奥野ビル④
( 撮影 / 2009・4・26 )
意外と言っては失礼かもしれませんが、広くて奇麗なエントランスホールでした。
近代建築散歩によると「現在は美術ギャラリーなどが多く入居している」らしいので、奥野ビルはまだまだ取り壊されることはないかも知れません。


               

スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/03(土) 16:10:58|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/866-7a06b807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad