アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

萬翠荘(ばんすいそう)

銀座散策の途中ですが、昨日「大雨のために倒壊した」とお伝えした、愛媛県松山市の愚陀仏庵に隣接する萬翠荘を紹介します。
愚陀仏庵倒壊のニュースでは、萬翠荘については何も触れていなかったので、被害はなかったと思うのですが、ちょっと心配です。

萬翠荘①

萬翠荘は1922年 ( 大正11年 ) に旧松山藩主の子孫に当たる久松定謨の別邸として、木子七郎の設計により建てられたフランス風ルネッサンス様式の建物です。

萬翠荘②

萬翠荘③
主構造は鉄筋コンクリート造ですが、屋根部分は鉄骨造です。

     萬翠荘④
映画 「風と共に去りぬ」 の中で、クラーク・ゲーブルがビビアン・リーを抱き上げて上った階段のようです。 

     萬翠荘⑥
     格調ある階段手摺親柱

     萬翠荘⑧

     萬翠荘⑦

     萬翠荘⑤
     ( 撮影 / 2008・1・5 )

1979年には愛媛県立美術館分館郷土美術館として使用され、1985年には愛媛県指定有形文化財に指定されています。

倒壊した愚陀仏庵は脇道を登って直ぐの場所に在った筈です。萬翠荘鉄筋コンクリート造なので、少々の雨や土砂なら被害は少ないとは思いますが心配です。


       
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/14(水) 08:40:58|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/877-ea83aa08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad