アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

公詢ビル

旧瀧山町ビルヂングの隣りにも、現代的なガラスのファサードの中に、わずかに昭和レトロの面影を残した建物が在りました。

    公旬社①
  一見すると銀座で良く見掛ける、ガラス張りのファッションビルに見えますが

    公旬社②
この部分にだけは、1929年 ( 昭和4年 ) に横河工務所の設計によって建てられた旧公詢ビルの面影を見付けることが出来るのです。

ネットで検索した「デジカメ散歩」と言うサイトでは、公詢社は1880年(明治13年)に福沢諭吉によって創立された社交クラブで、「交詢雑誌」などを発行し、慶応義塾関係者を中心とした実業家の団体との記述を見付けました。

建て替えられてしまったのは残念ですが、この様な形で、昭和初期の面影を残そうとする努力は、評価できると思います。

( 在りし日の公詢ビルの姿をご覧になりたい方は≪こちら≫のサイトにお邪魔してみてください。)
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/25(日) 16:47:40|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/887-0c15afed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad