アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

第一菅原ビル ( 旧菅原電気ビル )

途中で少し寄り道をして四国散策を挟んだ関係で、今回の銀座散策大変長くなってしまいましたが、この第一菅原ビルで、手持ちの銀座ネタは出し切りになります。

    第一菅原ビル①

1階は店舗、2・3階は喫茶店、4階以上はオフィスとして使用されているようです。
このアングルだと、低層部の赤いタイル張りの部分くらいしか特徴的な部分は無いようですが、この赤い砂岩っぽいタイルも、後から張られたものではないでしょうか。

    第一菅原ビル③ 

最初の写真をよく見ると、小さく右の奥に映っている階段室の丸窓が目に付きます。

           第一菅原ビル②
      
      入口の直ぐ上だけでなく、最上階にも丸窓があるのにも注目です。

近代建築散歩によると、設計者は吉田享二、竣工は1934年 ( 昭和9年 ) です。

恐らく構造は鉄筋コンクリート造の6階建てだと思われますが、最上階は見るからに増築でしょう。

喫茶店で一休みすれば、建設当時の内装を見ることが出来るかも知れないですね。


                
スポンサーサイト

テーマ:建物探訪 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/07/28(水) 08:30:13|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

高知のアンテナショップには高校時代の
同級生が育てて販売しているお茶も
あるそうなので銀座に行った時には
のぞいて見てください。(国友農園です)
  1. 2010/07/28(水) 12:24:40 |
  2. URL |
  3. sakurako #halAVcVc
  4. [ 編集]

sakurakoさんへ

高知のアンテナショップは期限限定ではなくて、常設ですよね。
常設なら行ける機会はあると思いますが、今年は竜馬ブームですから、きっと混雑しているでしょうね。
  1. 2010/07/28(水) 14:55:44 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

こんばんは~

丸窓というのは、なぜかとっても魅力がありますね~。
わたくしの郷里山形で、丸窓のある石蔵が
山形駅から程近いところにあり、
お正月の帰省時に雪の降る中、
しばしボーッと眺めてまいりました。

銀座はとても良い建築が数多く残っているようですね。
先日、町田忍さんの本を読んでいて
花椿通り「月光荘画材店」という興味深い物件が掲載されていました。

行きたいとこばかりで、反面腰が重くって・・・
涼しくなったらいこー、なんて言っていて
また年を越してしまうのでしょうか(笑
  1. 2010/07/28(水) 19:05:47 |
  2. URL |
  3. 芋太 #cYq3zJsc
  4. [ 編集]

芋太さんへ

同感です。
僕も丸窓には心惹かれてしまう一人です。
今回の散策で紹介した建物でも、神田須田町の北原ビルや、銀座1丁目の奥野ビルに、丸窓は使われています。
僕の設計した建物にも、よく丸窓を使っていて、我が家にも3ヶ所の丸い開口部がありますよ。
丸窓は日本家屋にも和室の床の間周りなどに使われているので、日本人にも馴染みがあるのだと思います。
  1. 2010/07/29(木) 09:17:40 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/889-f49d848c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad