アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

猛暑地獄?

7月のような35度を超えるような猛暑日はないものの、32~34度の猛暑が続く東京です。
このあまりの暑さが影響しているのか、先週末に大学時代の同級生のお父上が亡くなり、秦野までお通夜に行ったばかりだったのですが、昨日は隣町に住んでいる大伯父も亡くなったとの連絡が入り、明日明後日と、お通夜と告別式に出席します。
どちらも高齢のうえ持病もあったようですが、入院していた訳でもなく、夜中に倒れて直接の死因は心筋梗塞で亡くなったので、この夏のあまりの暑さから来るダメージが、ボディーブローのように体に蓄積したのではないかと、つい関連付けて考えたくなります。
(さらに大伯父の家のすぐ裏の方(御高齢の男性です)まで急に亡くなったと聞きました。)

今月の初めに「熱中症の死者が200人を超えた」と言う記事が新聞に載っていましたが、熱中症での直接の死者だけではなく、友人の父上や大伯父のように、暑さが引き金になった死者の数は想像が付きません。

新聞記事と言えば、今朝の新聞の一面に「猛暑特需 エアコン3倍増」などと言う、猛暑を歓迎するかのような、ちょっと首を傾げたくなる内容の記事が載っていました。
「この異常な暑さが、私どもには『神風』だ」と喜ぶ食品会社の社長の声も。
この社長が喜びたくなる気持ちは分からなくはないし、悪気がないことも分かるのですが、このまま温暖化を放置していては、我々の子供達には未来はないと思ってしまう僕には、会ったこともことも見たこともないこの社長の姿が戦火にほくそ笑みながら札束を数える武器商人の姿とダブって見えてしまうのです。

もしこの猛暑の原因が、心配されているような温暖化が原因なら、エアコンや飲料水の売り上げが上がった現実を見て、「猛暑特需」などと、猛暑を歓迎しているようにもとらえられる記事を書いている場合ではないと思うのです。

今日は長崎に原爆が投下された日です。
70年前に、陸軍を中心とした軍部の暴走で、戦争に突入しようとする軍部の動きを、大新聞は反対するどころか、こぞって戦果をあおりたて、日本が大戦争に向かう片棒を担いだ過去があります。
これからの新聞記者の皆さんには、同じ過ちを犯すことなく、日本や地球の未来を造る為に、政府を動かすような内容の記事をお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:ライフ

  1. 2010/08/08(日) 23:13:30|
  2. 環境問題-地球温暖化
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

コメント

本当に

温暖化で北極圏の氷が溶けている現状を、チャンスと喜んでいる人たちもいるそうですね。ロシアの資源開発をしている人たち、日本でも、海運関係の会社だったか、「北極圏を船で通れるようになるのは助かる」というコメントをテレビで見ました。猛暑ですが、いかにエアコンに頼らず涼しく過ごすか、というようなキャンペーンを、環境省でもマスコミでもやってくれたらいいのに、と思います。(環境省はやってますけど、もっと強力にやってくれたら…)。
  1. 2010/08/09(月) 11:44:44 |
  2. URL |
  3. 澤本奈緒 #-
  4. [ 編集]

澤本奈緒さんへ

自分達さえ良ければ他はどうでもいい、自分達さえ儲かれば地球の将来なんてどうでもよいと思っている人間が多すぎます。

≫いかにエアコンに頼らず涼しく過ごすか、というようなキャンペーン環境省でもマスコミでもやってくれたらいいのに、と思います。

全く同感なのですが、エコポイントで経済の活性化を狙っている日本政府やが、真剣にエコを考えているとはどうしても思えません。
環境省も、せいぜいパフォーマンスで打水をするくらいのものなのです。
  1. 2010/08/09(月) 14:39:10 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

本当にこの暑さは異常ですよね。
昨年の冷夏とは比べものにならない暑さに、「ひー」ものびきっています。
先日、出勤途中に熱中症で心肺停止になって倒れた会社員の方に偶然出くわし、心肺蘇生を駅でしましたが、残念ながら亡くなられたそうです。
熱中症の恐ろしさを痛感しました。

地球温暖化により、このような猛暑が当たり前…とならないよう、国が率先して対策を打ち出してほしいですね。
  1. 2010/08/09(月) 22:57:19 |
  2. URL |
  3. でれすけ #-
  4. [ 編集]

でれすけさんへ

この暑さ続きだと、危険なのはお年寄りや子供だけではないのですね。
きっと夏バテで体がきつくても、仕事を休むわけにはいかなかったのでしょう。
「猛暑地獄」などと、少し刺激的過ぎたかと思っていましたが、けして言い過ぎてはいなかったようです。
さっき大伯父の告別式から帰って来たところです。
お通夜と告別式、そして初七日の法要まで出席すると、さすがに少し疲れました。
  1. 2010/08/10(火) 18:14:26 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/899-b4033e63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad