アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

フレームキットの建物 -Ⅱ 【ロ準耐-2】

昨日紹介したフレームキットの住宅は、木造で準耐火建築物を作る場合と同じ【イ準耐】となり、屋外側はもちろん、室内側も石膏ボードで鉄骨を被覆する必要があるので、建物が完成すると鉄骨は全て隠れてしまうことになります。
私はアクトデザインを設立する以前、軽量鉄骨造を主力商品とするハウスメーカーに務めており、退社後も外注事務所として数年間、軽量鉄骨の建物の設計に関わり、延べで500棟を超える軽量鉄骨の建物に関わって来た経験あるので、ほとんどの設計事務所では扱わない、軽量鉄骨の建物にはなんの抵抗も無いどころか、親しみすら感じます。

そのハウスメーカーの建物も、建て方時には見えていた電着塗装された黒い鉄骨は、建物が完成するに従って、全く見えなくなってしまったのですが、建て方直後の鉄骨のフレームのみの姿は、何とも言えない美しさがあったものです。

柱や梁などの主要構造部を不燃材で造り、延焼の恐れのある部分の外壁を防火構造、開口部を防火設備で造る【ロ準耐-2】による準耐火構造とすれば、隠れていた鉄骨を現すことが出来るのです。
(※防火地域ではこの工法では建築することは出来ません。)

また、このフレームキットを使った住宅は「家族と育つ家-スケルトンインフィル住宅」のコンセプトにピッタリです。


現在考案中のフレームキットによる 『 スケルトンインフィル住宅 』 は・・・

正面外観 フレーム南
フレーム南西 南西外観

ローコストを実現するため、シルエットは思いっきりシンプルに・・・

1F内観①
勿論、鉄骨を隠すことも可能ですが、ブレースを見せることで、開放的なワンルーム空間が実現できます。
(通常の建て方なら、垂直ブレースの部分が壁になってしまうわけです。)

1Fフレーム内観 2Fフレーム内観
仕上げが一切ない状態。 裸のスケルトン ( 構造体 ) の状態です。
 
2F内観②
室内には螺旋階段や吹抜けを作り、吹抜け周りにはFRPグレーチングのキャットウォーク設けて、楽しい空間を作り出します。

3F内観①
3階基本プランは間仕切り一つないワンルーム空間

2F内観①
2階基本プランの約1/3は吹抜けで、キャットウォークを渡ってバルコニーに出ることが出来ます。
将来的に吹き抜け部分に床を張り、部屋とすることも可能。

1F内観②
1階基本プラン

御覧のように、基本プランには必要最低限の水回り周りの間仕切りしかなく、物入や下駄箱すら全てオプションにしようと思っています。
間仕切りや扉、物入や下駄箱の単価を提示することにより、不透明に成りがちな建物のコストを明確化することが、お客様の信頼を得る有効な方法になるとも考えています。
また建て主がコストを電卓で計算しながらプランニング出来るのも楽しいと思うのです。
但し、建築基準法などの制約が有りますので、敷地条件によっては、何でも出来ると言うわけには行きません。


名取屋興産(株)の名取さん>、(有)神村工務店の神村社長さんとのコラボレーションで、11月中には 『 フレームキット - スケルトンインフィル住宅 』 として、発表する予定です。

お問い合わせは受付中です ⇒ ≪こちら≫ からお願い致します。
スポンサーサイト

テーマ:ローコストで理想の家を建てる - ジャンル:ビジネス

  1. 2010/09/28(火) 08:41:32|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

軽量鉄骨造

主人は鳶の職人で、住宅メーカーの下で、軽量鉄骨の住宅を作っています(重量鉄骨も最近は増えてるそうですが。住宅メーカーが今、力を入れてるようで)。私も、たまに現場を見せてもらうことがありますが、彼の仕事は、基本的には家ができると見えなくなります。鉄骨のフレームを美しいと書いていただくと、彼の仕事に関係ない、一般論であっても、すごく嬉しいです。鉄骨部分を、デザインとして隠さずに使った住宅、ぜひ見てみたいです。
こうしたプランは、見ているだけでも楽しいですけど、作るのは、きっともっと楽しいのでしょうね。家というのは、本当にわくわくするものですね。
  1. 2010/09/29(水) 14:35:55 |
  2. URL |
  3. 澤本奈緒 #-
  4. [ 編集]

澤本さんへ

組みあがったプレファブ住宅の黒いフレームは間違いなく美しいと思います。
なんとか美しいフレームを活かしたデザインの住宅を建ててみたいと思っています。
  1. 2010/09/29(水) 14:55:24 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/940-849ca285
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad