アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

駒沢給水所の給水塔

今日紹介する駒沢給水所の給水塔は、建設された大正末期以来、永く地域のランドマークとして親しまれてきました。

駒沢給水所①
せたがや百景のみならず、双子の給水塔の聳え立つ風景として平成14年に弟1回地域風景資産選にも選定されています。
ところがです、御覧の通り正面の入口付近からは、双子の給水塔の筈が、給水塔は1本しか見ることが出来ません。

駒沢給水所②
向って左方向へ回ってみると、建物の陰になりながらも、僅かだけ2本の塔が見えました。

駒沢給水所③
ただし近づくと家の陰になって2本同時には写せません。

駒沢給水所④
敷地をぐるりと回りこんで、東側に行ってみましたが、今度は樹木の陰に・・・。

駒沢給水所⑤
双子の給水塔を同時に撮影するのは、敷地の中からでなければ無理なのかと諦めかけた時、北東側のマンションの駐車場越しに、やっと双子の給水塔の姿を捉えることが出来たのです。

駒沢給水所⑥
樹木に隠れて下半分は見えていませんが、冬になって葉が落ちれば、全景を捉えられそうです。

駒沢給水所⑦
正面の入口越しに見えた給水所の施設。
大学の図書館のような、重厚そうな建物です。

駒沢給水場の給水塔中島鋭治(顧問)、仲田総治郎(補佐)の設計で1923年(大正12年)に建てられました。
給水塔の高さは30m、内径は12.12m~14.55m、容量は2,750m3で、当初の計画では双子の給水塔ではなく、三つ子となる計画でしたが、実現はしませんでした。

スポンサーサイト

テーマ:楽しく生きる - ジャンル:ライフ

  1. 2010/10/22(金) 11:47:54|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/10/23(土) 22:06:32 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

106さんへ

貴重な情報を教えて頂きありがとうございました。
  1. 2010/10/24(日) 20:35:33 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/951-8b518c53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad