アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

大桟橋通り

日本大通りと平行に、一本中華街側にあるのが大桟橋通りです。
この通り沿いにも何棟か昭和初期の建物が残っています。

横浜貿易協会ビル

横浜貿易協会ビルは、1929年に大倉土木(現大成建設)の設計で建てられました。
開港広場前の交差点に面して建ち、スクラッチタイルや「横浜貿易協会ビル」の文字が、昭和モダンの香りを漂わせます。


横浜開港資料館旧館

浦辺鎮太郎設計の新館の後ろに、ひっそと佇む横浜開港資料館旧館は、1931年に英国工務省の設計で横浜英国総領事館として建てられました。
写真は開港広場側の出入り口。
3階のカ-テンのレリ-フで飾られた丸窓頭部が分離したペディメントが特徴的。
海岸通り側の正面玄関は、日本郵船歴史博物館と同じ左右一対のコリント式の柱が半円ア-チを支え、奥行きの有る、さらに優雅なデザインになっています。


横浜海岸教会

震災で倒壊した日本初のプロテスタント教会の跡地に、横浜海岸教会は1933年に雪野元吉の設計で建てられました。
山手通りに建つ外国人建築家の設計による二つの教会(カトリック山手教会聖堂横浜山手聖公会)と比べると、どこか擬洋風建築の感じが有ります。
尖った鐘塔の屋根腕木風の軒飾り極端に細長い縦長窓が特徴です。


ストロングビル

ストロングビルは、2分程歩いて横浜スタジアムの向かいに有ります。
設計は旧川崎銀行横浜支店(日本興亜馬車道ビル)と同じ矢部又吉、イギリス貿易会社の日本支社として1937年に建てられました。
半円ア-チのエントランスの両脇にはニッチ風の窪みがあり、その上のクラシックな照明が目を引きます。
通常は軒を飾るコ-ニスが2・3階間にあるのも面白い。
建物探訪に興味がある人はこちらをどうぞ
スポンサーサイト

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/02/01(木) 16:19:33|
  2. 建物探訪
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:4

コメント

横浜貿易協会ビルって、大桟橋手前の交差点角ですよね。。
ここの2階にサンアロハって店がある(?)と思うのですが、、
行きたいけどまだ行ってない!!!
この通りも雰囲気ありますよねぇ!!
  1. 2007/02/02(金) 13:11:45 |
  2. URL |
  3. shuichi223 #-
  4. [ 編集]

私の縄張りよ(?)

17年ほど前までここ近辺を、ピンクのドカジャン(会社の制服よ)着たチャリ暴走族の女、人よんで「本牧のシジミ」とはアタシのことさ・・・ふっ・・・懐かしいぜ。
え~っと↑のことはホントのことでして(車よりチャリ移動の方が早いんだもの)
このSCANDIAの交差点向かい側には厚生省(当時の)が入ってまして。。。行き着けの場でしたよ。
shuichiさんの言うサンアロハの店の前は多分、キッコーマンの古い亀甲印の看板が残ってました。
凛太郎さん、今度はそんな古い看板も探してみてくださいね。
  1. 2007/02/03(土) 00:23:37 |
  2. URL |
  3. Bonny #-
  4. [ 編集]

shuichi223さんへ

2階にスカンディヤと言う北欧料理店があると、「横浜洋館散歩」には載っていますが、アロハのことはちょっと分かりません。
隣のエキスプレスビルの1階のジャクカフェ! イ-スト&ウエストは、外から覘いて入ってみたいと思ってました。
  1. 2007/02/06(火) 09:28:27 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

Bonnyさんへ

さすがに地元ですね。
Bonnyさんのピンクのドカジャン姿が目に浮かぶようです。
化粧柱や窓飾り等、建物の細部は撮影していますが、看板までは気が付きませんでした。
次回からは必ず・・・!
  1. 2007/02/06(火) 09:34:19 |
  2. URL |
  3. 凛太郎 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://sumainoact.blog58.fc2.com/tb.php/99-7c29f4b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

建築擬洋風建築について

擬洋風建築擬洋風建築(ぎようふうけんちく)とは、欧米の建築を日本の職人が見よう見まねで建てたもの。主に明治|明治時代初期に各地で建造された(一部、大正頃のものにも擬洋風的な要素を持つ建造物もある)。日本の建築史を物語るものとして、重要文化財や登録有形文化
  1. 2007/02/07(水) 22:17:39 |
  2. 建築

『擬洋風建築』 建築辞典

擬洋風建築擬洋風建築(ぎようふうけんちく)とは、欧米の建築を日本の職人が見よう見まねで建てたもの。主に明治|明治時代初期に各地で建造された(一部、大正頃のものにも擬洋風的な要素を持つ建造物もある)。日本の建築史を物語るものとして、重要文化財や登録有形文化
  1. 2007/02/11(日) 09:58:24 |
  2. 建築辞典

FC2Ad