アクトデザイン凛太郎のブログ

住まいのこと、ネコのこと、身の回りのこと、今思うことを綴っていきます

コンクリート打ち放し-Ⅳ

3階の型枠がとれ、コンクリートの状態を見る事ができるようになりました

3階 賃貸室
賃貸部分の室内の写真です
2階同様に、コンクリートの状態は非常によく、殆んど手を加える必要はなさそうです
型枠を外したばかりなので、ツルツルの天井は鏡のように窓を写しています
現場監督と、職人さんに感謝です

2階外部廊下・階段
ここは2階の外部廊下と階段です

先月末に上棟式も済ませたので、サッシの取り付けと屋根の防水工事が終れば、後は6月の完成目指して内装工事が始まります

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/04/04(土) 09:00:32|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンクリート打ち放し-Ⅲ

先週の連休前に最上階のコンクリート打設を行いました

3階壁R階床スラブコンクリート打設 ①  09-3-19 3階壁R階床スラブコンクリート打設 ⑥
3階の天井は打ち放し部分が多いので、型枠を汚さないよう打設も慎重に行います

3階壁R階床スラブコンクリート打設 ④  3階壁R階床スラブコンクリート打設 ⑤
賃貸の界壁もコンクリート打ち放し仕上げです
型枠用のバイブレーターと木槌で型枠を叩く事で、コンクリート中の空気を追い出し、密なコンクリート打ち放し壁を作り出します
テクニックと言うより、一生懸命さと体力も必要な作業です

      1階賃貸部打放壁
      1階賃貸部分の界壁もコンクリート打ち放しです

      エントランス周り②
      エントランス部分のコンクリート打ち放し壁

この日の打設で、外構や押さえコンを除いた、主なコンクリート打設は終了しました
良い仕事をしてくれた、鉄筋工や型枠大工の皆さん、ポンプ屋さんとも、また何処かの現場で出会うまでお別れです

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/25(水) 08:30:31|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

配筋検査

今週初めに最上階の床スラブの配筋検査を行いました
本来は中間検査の以外は、役所の検査は無いのですが、世田谷区の場合は毎階のコンクリートの打設の前に、区役所の構造担当者に連絡する事になっています
それでも以前なら、連絡をしても実際に現場を見に来るのは毎回ではなかったのですが、今の現場では、毎階ごとに検査に来てくれます

09-3-16 R階床スラブ配筋検査 ①

役所の検査をうっとうしいと思う人もいるのかもしれませんが、一人より二人、二人より三人と違った目で検査をした方が、間違いを見落とす可能性は減るのですから、ありがたいことです
しかも中間検査と完了検査は有料ですが、それ以外は無料なのです

民間の検査機関は、少々料金が高い分、確認申請がおりるのも早いし、検査も楽な気がしますが、やっぱり検査は役所にお願いした方が、施主も安心なのではないでしょうか?

いよいよ明日 (日付が変わってしまったので、もう今日ですが) は、最後のコンクリート打設です
そろそろ眠って、明日に備えたいと思います

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/19(木) 00:21:12|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

久し振りの訪問

12年前に設計したお宅に、カーテンについての相談を受けたので、今日行って来ました

M邸① M邸②

昔務めていたハウスメーカーの建物なのですが、規格を大きく外れたデザインをしました

        M邸③

汚れないはずの外壁が汚れてしまい、最近塗り直したので新築のように綺麗ですが、築12年の建物です

室内はとても綺麗に使って頂けているうえに、使い勝手にも大方満足頂けているようなので一安心です

ただ、肝心のカーテンについては未解決なので、近いうちにまたお邪魔する事になりそうです

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/10(火) 20:54:05|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

竹フローリング

最近気になっている竹フローリングを紹介します

竹フローリングサンプル①
これが竹フローリングのサンプルで
左が自然色、真ん中が茶色、右が二色を混ぜたものです

普通の単板貼りフローリング( 0.何ミリかに薄く削った単板をベニヤに貼ったもの) と違って竹のフローリングは数ミリの竹材を竪に張り合わせた竪積層材なのです

竪積層材のメリットは、無垢材の感覚が強く、単板貼りフローリングのように、表面の単板が剥がれたり、表面に傷が付いて単板の下のベニアが見えない事でしょう

        竹フローリングカタログ表紙
        竹はたった3年で、写真のような立派な成竹に成長します

竹フローリングカタログ商品説明
(↑の画像はクイックすると大きくなります)

竹フローリングのカタログでも、色々なメリットが書いてありますが
私が竹フローリングを気に入っている一番の理由は、竹がたった3年で成竹に成長し、フローリングとして利用できることです
当然、他のフローリングに利用できる樹木で、これ程早く成長するものは無く、ナラや桜などでは30~50年はかかるのではないでしょうか

竹フローリングは、短いサイクル再生可能な建材として、これからも注目していきたいと思います

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/06(金) 08:30:00|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

コンクリート打ち放し-Ⅱ

型枠を外して一週間が経ち、だいぶコンクリート打ち放しの壁から黒味がとれてきました

コンクリート打ち放しの壁 
 
                      コンクリート打ち放しの壁②

コンクリート壁面が、磨いた石のように光っています

3階の壁も、今回のように打設出来るように頑張ります

追伸/本業の設計工房アクトデザインのH.Pで、コンクリート打ち放しの小史をアップしました。
今後、写真などを加えて読み易くしていくつもりですが、今はまだ文章だけの読みにくいものです。
目新しい事実が書いてあるわけではありませんが、鉄筋コンクリート造とコンクリート打ち放し仕上げについて簡単にまとめたものです。
興味のある方は、一度読んでみて下さい。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/05(木) 08:30:00|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コンクリート打放し

先週の土曜日にコンクリートの打設を行った建築現場の写真です

2階壁・3階床スラブコンクリート打設① 2階壁・3階床スラブコンクリート打設②

コンクリート打放しの建物はやり直しがきかないので、コンクリート打設の日は前日から緊張します

前回の打設では、少々気に入らない部分もあり、現場にも色々注文を付けたので、今回は僕もコンクリートまみれになりました

2階壁型枠をはずしたところ  1階階段壁型枠をはずしたところ

型枠を外した直後のコンクリートは、まるで御影石のように黒くピカピカ光っています

今回の打設には大満足です
監督さんをはじめ、工務店の皆さんや現場の職人さん達の努力に感謝です


テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/03/01(日) 00:00:57|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

昨日は現場の中間検査でした

昨日は僕が設計監理している併用住宅の中間検査がありました。
検査を受けた世田谷区役所は、一昨年の建築基準法改正以前から
審査は厳しい役所だったので、改正後も審査内容が大きく変わる
ことも無いようです。
検査は問題なく終了し、現場は中盤戦に突入です。

世田谷区役所による中間検査

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/01/27(火) 00:00:25|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ちょっとしたリフォーム

昨日は8年前に設計したお宅の、ちょっとしたリフォーム工事の様子を見に、出掛けました。
自転車でも電車でも30分程の場所なので、天気も良かったので自転車で行くことにしました。

こちらがそのお宅です。
平野邸外観斜めから.
コンクリート打放しの建物ですが、施主の希望で、僕の設計した建物には珍しく、
屋根は丸く(ヴォールト屋根で)はありません。

平野邸外観東から
先月、施主のお母様から、寝室の照明の調子がおかしく「近所の電気屋さんを呼んだけど、直せないと言って帰ってしまった」と言う電話が有りました。
お母様は、建物の電気配線の故障だと思い、慌てて連絡してこられたのです。
直ぐに行ってみると、照明器具が故障していて、近所の電気屋さんが直せないと言ったのは、そのメーカーの器具を扱っていないだけの事だと解りました。
新しい照明器具を手配するだけで、事なきを得たのですが、色々お話をしているうちに、家のちょっとした気になることや、不便を感じている事が解ってきました。

今日はその時、話に出た外部扉の取り付けの立会いだったのです。
平野邸アルミ扉.

今迄は、大きな植木鉢を置いて塞いでいた、建物と万年塀の間の50cm程のすき間に、アルミの扉を取り付けました。

監督自ら、扉を取り付けているのを、お母様と立ち話しながら眺めていると、
何所かでけたたましい猫の声が聞こえてきました。
あまりに激しい声なので探してみると、路地の奥の空き家のベランダと庭の梅の木の上で、二匹の猫が睨み合っています。
あまりの大きな声に、近所のお婆ちゃんも、自分の家の猫ではと心配して見に来たり、窓から見ているオバちゃんも居ます。
外猫さんの大バトル
ベランダに居た大きな三毛猫が、梅の木に飛び移ると、チャトラ模様の毛の長いチンチラ風の猫が、木から落ちてしまったので、バトルはあっけなく終了しました。

日ごろ雌猫だけを見慣れていたので、この2匹の猫はとても大きく感じました。
三毛は体の大きさから、雄猫だと思うのですが、雄の三毛猫は珍しいですよね。

語る凛
(凛) 「チンチラや、珍しい雄の三毛じゃニャくて、悪かったニャスな。 
    それにしても本気のバトルは勘弁ニャス。」

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/02/15(金) 10:12:48|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

今年の収穫

昨日提出の仕事が終わり、ほっと一息です。
今回は先々週とは違い、完徹はしなくて済みましたが、昨日の朝は6時に寝て8時に起きて仕事をしました。
仕事と言っても、施主に依頼されたものではなく、インタ-ネットで行われている、住宅の設計コンペに参加しているのです。
このコンペに今年の秋から参加しているのですが、一つのプロジェクトに参加する設計事務所は30~80社もあるので、そう易々と当選するとは思えません。
では何故、何度も参加しているかと言うと、
勿論、仕事が少なく暇なことも有るのですが、3Dの練習にもなるからです。

南西側外観

玄関和室方向を見る

スタディ-スペ-スからダイニングを見る

建物の全てのデ-タ-を3D化しておけば、内部でも外部でも、どんなアングルからでも建物を見ることが出来ます。
今回提出した図面でも、パ-スを含め30枚近くのパ-スを作りました。
建物全体の90%程度(トイレやクロ-ゼット、今回は浴室も作らなかった)の部分を3D化したので、デ-タ-を作るのに4日、レンダリングするのに1日掛ってしまい、時間を掛けすぎたと反省しています。もっと簡単に効果的にデ-タ-を作らないと、とても体が持ちません。
勿論プランニングや一般の図面を描くのは別なのですから。

2次元のCADを使い出したのは30半ば、40も後半に入ってから3Dを覚えるのは、大変でしたが、模型を造るよりは少しは楽なので、これから腕を上げようと思っています。

今年は建築基準法の大改正が6月にあり、建築界には激震が走り続けています。
確認申請は停滞し、設計事務所の作業量は倍増したといってもいいでしょう。
かといって設計料が増えるわけではなく、倒産や廃業を余儀なくされている同業者は多いようです。
今まで避け続けていた3Dを覚えることが出来たことは、今年の数少ない収穫の一つです。

ついでながら、今日12月1日は僕の誕生日です。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/12/01(土) 12:17:12|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

久し振りの現場

昨日は横浜のある建築現場に行って来ました。
この建物は約1年半掛けて、プランニング・実施設計・各種条例の申請や建築確認申請まで関った物件です。
下請け仕事なので現場監理はしていないので、今迄外からしか見る事ができませんでしたが、8月にコンクリ-トの打設が完了したので、昨日現場を見せてもらいました。
廊下からワンル-ムを見る
下請けの悲しさで、思い通りのデザインなど殆んど出来ませんでしたが、ガラスブロックやア-ルのついた腰壁には、僕らしいデザインを少しは残すことが出来ました。
2DK

ワンル-ム

遠景
当初は本格的なペットマンションにするべく、動物病院やペットホテルも併用し、賃貸の各室にはキャットウォ-クや猫台、トイレ置場なども考え、床や壁材にも傷の付き難い材料を使う予定も有りましたが、予算の関係か、殆んど全てが中止になってしまったのは残念です。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/09/09(日) 15:38:13|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

リフォ-ム工事の苦労話

5月末に引き渡した、貸家のリフォ-ム工事の内容を、本業のホ-ムペ-ジで、やっとアップすることが出来ました。
テレビで放映しているような、劇的なリフォ-ム工事ではなく、築35年の木造の貸し家を、出来る限り低予算でリフォ-ムし、出来るだけ早く、新しい借り手を見付けるのが目的のリフォ-ムなので、デザイン的には、特に御見せするものはありませんが、色々な苦労話が書いてあります。

オ-ナも驚くほど痛んでしまった貸し家を、建替えることも検討したが・・・。
デザインにお金や時間を掛ける余裕もない中、解体した浴室の土台には・・・。
2階のバルコニ-の手摺に登って、屋根を見てびっくり・・・。

ホ-ムペ-ジにはこちらからどうぞ

以下の写真はダイジェストです。
中原リフォ-ム外観
どうせ塗りか替えるならと、明るい色にしてみました。
オレンジの外壁より、ポイントカラ-のモスグリ-ンを決めるのに、勇気が要りました。

中原リフォ-ムLDK
暗くてジメジメしていたダイニングは、構造上必要ない壁を取り壊すことで、明るく広々としたLDKに変わりました。 

中原リフォ-ム玄関
木目のプリント合板の玄関扉は、思い切った色の扉に変更しました。

中原リフォ-ムテラス
フェンスは工事終了後、僕が取り付けました。結局監督さんにも手伝ってもらっちゃいましたけど。

「工事前」「工事中」「完成後」の様子が良く分かるホ-ムペ-ジも是非見てください。
かなり時間を掛けて、奥さんと2人頑張って作りました。 
ホ-ムペ-ジにはこちらからどうぞ

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/07/11(水) 12:54:23|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

ル・コルビジェ展

いさぶろうさんの勧めもあって、昨日は午後から六本木ヒルズの森美術館でおこなわれている「ル・コルビジェ展」に行って来ました。
コルビジェはF・L・ライト、ミ-ス、グロピウスらと共に近代建築の巨匠と言われていますが、建築界に与えた影響を考えると、間違いなく第一人者と言えるでしょう。

コルビジェ
家に帰ってから改めて探してみると、意外にコルビジェの資料はあまり持っていませんでした。
入館料は1500円で安くは無かったですが、見応えは充分。
9.24迄やっているので、また行ってみたいと思います。

六本木ヒルズは一年ぶりです。
テレ朝
槇文彦設計のテレビ朝日には、あまり好きでない番組の変な人達の写真が飾ってありました。

毛利庭園
去年来た時はつつじの季節でしたが、今年の毛利庭園は緑一色です。

硝子の滝
硝子の滝はとても涼しげです。
マイナスイオンを浴びようと、しばらく前に立ってみましたが、効果の程は・・・。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/06/20(水) 08:55:00|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

玄関庇の取り付け

7年前に設計した住宅(線路沿いの小さな家)に、玄関庇を取り付けました。
僕の配慮不足から、強い雨の日に施主には長い間、不自由な思いをさせてしまったようです。
そこで、「出来るだけ低予算で」との希望を要望通を実現する為、工務店は通さず、材料は全て自分で手配し、取り付けも自分でやることにしました。
線路沿いの小さな家-2

線路沿いの小さな家-1.

アルミ製とは言え、十数キロの重さの庇を一人で取り付けるのは不可能です、二人で持ち上げ一人が止めるなら簡単ですが、居るのは僕と奥さんだけです。
散々考えた挙げ句、何とか2人で取り付ける方法を思い付きました。
材料費は3万5千円、設計費+打ち合わせ経費+取り付け代をいくら頂くかが問題です。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/06/12(火) 00:12:21|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

白の家 竣工Ⅲ

親からもらった土地があればいいのですが、新に東京に家を建てようとすると、準備可能な予算の大半を土地代に取られてしまうのが現実でしょう。
限られた敷地を有効に活用し、容積率をいっぱいに使い切る為に、白の家の様な木造の3階建ての住宅が増えています。

建物を建てるには、建蔽率や容積率の他に、北側斜線や道路斜線など、高さを規制する法律もあるので、天井高を低くして、建物の高さを少しでも押える必要があるのです。
リビングからバルコニ-を見る-2
白の家では、リビングスペ-スの角を切り取るようにウッドデッキを設けることで、外部空間を室内に取り込み、空間に広がりと開放感を持たせました。
また、梁型を現して天井高を少しでも取るようにしています。

3階のスペ-スは、取り外し可能な造作家具で空間をあいまいに区切り、将来の家族構成の変化に対応出来るようにしました。
スペ-ス1   スペ-ス1からロフト
ベッドの下は引き出しとクロ-ゼット。     ベッドからロフト方向を見る。
スペ-ス2本棚   スペ-ス2ベッド
窓際の机も造り付け。            こちらのベッドは引き出しのみ。

こちらは少し別の提案です。
以前からリビングやダイニングに、手を洗える場所があれば良いと思っていました。
リビングから化粧台を見る
単に洗面台を設置し多だけでは唐突なので、お洒落な鏡とモザイクタイルで白い部屋のワンポイントにしてみました。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/05/09(水) 16:49:51|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「白の家」 竣工 Ⅱ

壁面緑化には、夏場の直射日光を遮り、建物を暖めない効果がありますが、窓から室内に入る陽射しを遮る為には、オ-ニングや可動式のル-バ-が効果的です。
「白の家」では、施主のご理解を得て、前から使ってみたかった可動式のアルミル-バ-(ブラインド シャッタ-)を採用することが出来ました。

ブラインドシャッタ-2

手動式の物は下に収納します。

ブラインドシャッタ-1

陽射しを遮るだけでなく、防犯や防火性能の向上にも期待出来ます。

ブラインドシャッタ-3

通常の室内に設けたブラインドでは、太陽輻射熱のカット率は約50%ですが、屋外にブラインドを設けた場合のカット率は約80%になると言われています。
また通常のブラインドでは、風が吹くと窓を開けていられませんが、ブラインドシャッタ-なら勿論、風の日でも窓は開けられます。
プライバシ-の気になる都市部の密集地では、ブラインドの角度を調節することで、向かい合う隣家との目隠しになるとともに、冬場の防寒性能や防犯性能、防火性能も間違いなく向上します。

他メ-カ-にも可動式のアルミル-バ-有りますが、僕の知る限り値段が非常に高い物や、デザイン性の劣るものばかりでした。
今回紹介したオイレスECO株式会社のブラインドシャッタ-(サンシャディ ミラレス)は、デザイン性と金額の両面を考えると、一番お勧めできる可動式アルミル-バ-だと思います。


テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/04/25(水) 23:29:22|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

「白の家」 竣工 Ⅰ

先月末、僕が設計・監理を行った「白の家」が竣工しました。
詳しくはアクトデザインのH.Pにいずれアップしますが、ブログでは
少しずつ、この家の幾つかの特徴を紹介します。
まずは「白の家」の外観から。
構造は在来木造の3階建て住宅です。
外壁材はガルバニウム断熱サイディング張り(アイジ-/ガルスパン15)。
白の家 北西


唯一近隣からの視線が気にならない南西の角に、2階では三角形のバルコニ-、3階ではコ-ナ-出窓を設けました。
白の家 西南見上


限られたスペ-スを有効に生かすために、ダイニングスペ-スには4つの役割をこなしてもらいます。
① ダイニングテ-ブル
ダイニング テ-ブル

② コタツ 天板をはずしコタツ布団を掛ければ、コタツに変化します。
ダイニング コタツ

③ 収納 写真にある2枚だけではなく、5枚分の畳の下全てが収納になっています。
ダイニング 収納

④ 畳スペ-ス どうしても和室が欲しいという要望に答える為の、苦肉の策です。
ダイニング 畳

ダイニング 畳2

ダイニングの上部には丸窓もあります。
ダイニング 天井

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2007/04/19(木) 09:21:02|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ハウジングコンシェルジュ2006 開催

ついに新宿パ-クタワ- リビングデザインセンタ-OZONEにて
[OZONE ハウジングコンシェルジュ2006]が始まりました。
この中の「建築家の自邸65人展」に僕の自宅も、パネルと模型が展示されてます。
昨日は、昼すぎからの地鎮祭を終えた後、奥さんと一緒に会場を覘いてきました。
新宿パ-クタワ-ビルのアトリウム。 エスカレ-タ-を上がった所が会場です。
パ-クタワ-1階.j


エスカレ-タ-を上がると直ぐに、「建築家の自邸65人展」の展示がありました。
ハウジングコンシェルジェ会場内部.

なかなか見つからなかった我家の模型をやっと見つけることが出来ました。
ハウジングコンシェルジェ会場内部.

写真撮影禁止と書いてありましたが、うちの模型だけはこっそり撮影してきました。 
ACT-1展示風景

建築家がどんな家に住んでいるのか見られて面白かったです。
お近くにいらした方はぜひ のぞいてみてください。

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/10/08(日) 00:36:51|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

OZONEハウジング・コンシェルジュ 2006

新宿パ-クタワ-3階 リビングデザインセンタ-OZONEで、10月5日(木)~10月24日(火)までの20日間、「自分らしい家づくりのすすめ方」をテ-マに「OZONEハウジング・コンシェルジュ 2006」が開催されます。
今年もOZONE登録建築家による模型展がありますが、今年は「建築家の自邸模型展」で、僕も出展する予定です。

ACT-1模型写真  パネル


ACT-1模型写真 東南


ACT-1模型写真 西南


ACT-1模型写真 西北

色々な建築家の自邸が見られて、建築に興味のある人や、家の建替えを考えている人には、面白いイベントだと思います。
買い物のついでにでも覘いて見て下さい。

待つ凛

まだ事務所模型があるので、凛は立ち入り禁止です。
(凛) 「お母ちゃんのお手伝いが終わるまで、ここで待ってニャス。」

テーマ:建築デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2006/09/26(火) 19:03:47|
  2. 建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
前のページ

FC2Ad